Steady Breath

色々書くはずです

【FEH】ざっくり武器錬成解説&考察Ver.5.9.0【アップデート/9月/第3回総選挙/伝承錬成】

伝承アイクの専用ラグネル追加アプデが行われることもなく涙を流してるテンクーコングです。

f:id:AetherKong:20210906210524j:plain

 

アップデートで恒例行事となった武器錬成が追加されたので今回は主観多めの解説をしていく記事
特に総選挙と伝承が錬成される回故に複雑な効果も多いので、考察内容よりも錬成内容自体を嚙み砕く手伝いが出来ればってスタンスで書く。

 

武器の解説欄では
青で新規に付与された効果を、
緑で錬成前から強化された効果を、
黄緑で特殊錬成の効果を書いていくのでそれを目安に見てもらえるとありがたい。

 

通常錬成枠

アルム(覇王の系譜)

f:id:AetherKong:20210906124946p:plain

竜剣ファルシオン

HP+3

竜特効 攻撃+3

ターン開始時、
自身の移動+1(1ターン、重複しない)

自分から攻撃した時、または、
周囲1マス以内に味方がいない時、
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+5

戦闘開始時、自身のHPが25%以上なら
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+5

戦闘開始時、自身のHPが25%以上で
敵が剣、槍、斧、弓、暗器、獣、かつ、
速さが敵より1以上高い時、
自分の追撃不可を無効、敵は反撃不可

第1回のウルヴァンf:id:AetherKong:20180311204939p:plainf:id:AetherKong:20210318045456p:plain、第2回のマルテf:id:AetherKong:20190627233108p:plainと壊れが続き、更に直近で同兵種でファルシオンの総選挙マルスf:id:AetherKong:20210823092101p:plainが出てそれがなんとも言い難い評価
そして元から微妙だったのも相まってぶっちゃけあまり期待されてなかった総選挙アルムf:id:AetherKong:20210906170830p:plain。そんな彼が出した答えは歩行を辞め騎馬になることだった

 

まず内容をまとめると

・ブーツ(移動+1)
・攻めるか孤軍、かつHP25%以上で全ステ+10
・物理兵種相手に攻めると反撃不可の怒涛(追撃不可無効)

 

総選挙エーデルガルトf:id:AetherKong:20210318113219p:plainや伝承シグルドf:id:AetherKong:20210511210809p:plainでお馴染みのブーツ内蔵で常時3マス移動、加えて物理兵種へ反撃不可+怒涛、ここに全ステ+10を足すというもう歩行である事を捨てた方向に振り切った
反撃不可と言うことで風薙ぎをベースとしたアイコンになったが恐らく原作の覇神断竜剣の長射程をFEH的に再現してる物だと思われる

元々火力自体には素質があったがその火力は更に上昇。A覇神断竜剣ならあのf:id:AetherKong:20190627233108p:plainを反撃不可と共にひねりつぶすという革命を引き起こした。ディミトリも驚く程の無惨っぷりを発揮している。

 

しかし元々火力でゴリ押すコンセプトのはずのf:id:AetherKong:20210906170830p:plainに速さ条件を追加したため大得意のはずの攻撃↑より速さ↑を取った方が安定して強いという逆転現象が発生
そしてその反撃不可を活かすなら速さが上がるAスキルの方が良く、再び覇神断竜剣が捨てられる事態に見舞われるというなんとも困った錬成である
ただ先述したように覇神断竜剣特有の強みは十分あるので選択にはなる。

 

また騎馬の機動力こそ手に入れたものの騎馬ではない為に再移動が装備出来ないという致命的な欠点が新たに出てしまった

だが無条件ブーツと全ステ+10でここから柔剣迅雷でもすれば騎馬顔負けレベルで荒らし回れるしはっきり言ってこれも大概のヤケクソ錬成
迅雷するなら欲しい見切りは武器に内蔵済で、より速さを上げに行ける速守凪f:id:AetherKong:20200103034251p:plainを持つ余裕もあるしちゃんと1位に恥じない物を得たと思う

・サンプル
f:id:AetherKong:20210908044857j:plain

 

エリウッド(フェレ侯)

f:id:AetherKong:20191021054808p:plain

氷精ニニスの槍

HP+3

竜、獣特効 速さ+3

自分から攻撃した時、または、
周囲2マス以内に味方がいる時、
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+5、かつ
自分の追撃不可を無効

自分から攻撃した時、または、
周囲2マス以内に味方がいる時、
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+5、かつ、
速さが敵より高い時、受けた範囲奥義のダメージと、
戦闘中に攻撃を受けた時のダメージを
速さの差×4%軽減(最大40%)
(巨影の範囲奥義を除く)

つまり「自分から殴る」か、「大紋章範囲に味方配置」で

全ステ+10
怒涛(追撃不可無効)
回避

の効果を得られるという事である。これやっぱりヴァイダ産スレンドスピアだろ
特に最も驚いたのは回避が付いたこと
元の速さはかなり半端なのだがここに全ステ+10が入るなら流石に話は別
このエリウッドf:id:AetherKong:20190822230649p:plainから追撃を防げる相手なんて精々カアラf:id:AetherKong:20210906210745p:plain、デバフ盛り暴走アイクf:id:AetherKong:20200619114240p:plainフレイヤf:id:AetherKong:20210906181003p:plainや攻速振りの魔法と言ったごく僅かぐらいで、それ以外の殆どの敵相手にステの暴力と最大値回避で耐えながら一方的に屠る
少なくとも防衛の環境キャラにはほぼ100%と断言出来るぐらい最大回避が出せる

そして何より怒涛効果により追撃不可で悩まされる事が無くなり、ハガf:id:AetherKong:20210516200801p:plainやセイロスf:id:AetherKong:20210318055911p:plainを問題なく倒せるようになった

 

しかし初期スキルに反してサポートガン無視な超攻撃的錬成が来たので大共謀を使ってテクニカルに立ち回る路線はかなり消えた。結局こいつも神装f:id:AetherKong:20200512015156p:plain同様突っ込んでぶん殴るのか...

また同兵種にはあの総選挙エイリークf:id:AetherKong:20210822173002p:plainと言う似た方面の強さを持つ強烈なライバルが存在しているのは忘れてはいけない
キラー、重装騎馬特効、固定再移動、奥義ダメージ増加、キャンセル無効はどれも持ち得ない要素で、水を開けられている感は否めない。

 

しかしその分守備を始め耐久と速さでは大きく上回っており、花を要するものの費やせば総合値互角で基礎ステータス差はf:id:AetherKong:20210822173002p:plainと比べ物にならないぐらい高い

例えばf:id:AetherKong:20210822173002p:plainは近い速さを持ちながらも耐久自体は結構ギリギリで、攻撃守備の孤軍f:id:AetherKong:20200113072857p:plainなどで伸ばしたい速さを犠牲に耐久を上げる事を迫られる
しかしf:id:AetherKong:20190822230649p:plain武器とステータスで完結しているためそう言うことが起こらない
コストは嵩むがこのステータスの高さとダメカの最大量、対竜への打点の強さが持ち味となる

 

なお、最近の効果に倣ってか受け時でも発動するような効果になった。
数値は高いし回避と言う受けでも使える物を持参している...が、見切り追撃ではなく絶対追撃を防げない怒涛、キラーもなし、数値自体も同世代以降の歩行には及ばず受けスキルで付けれる候補も少ないのでやはり騎馬受けは無謀と言っていい
精々有利色の竜獣を処理できるおまけと見るのが正解。

 

欲を言えば追撃不可か敵の絶対追撃無効の完全見切り追撃が付いてて欲しかった。ただそれだと明らかにf:id:AetherKong:20210906170830p:plainより強くなりすぎるから見送られたと思いたい。

 

あとやっぱり極まった時のステの高さと強さはすごいけど今から初期状態から作り上げるならf:id:AetherKong:20210822173002p:plainで良いとなっちゃう。特に近影f:id:AetherKong:20210512190950p:plainがあまりにも高すぎる。
安上がりで作るなら風薙ぎf:id:AetherKong:20180514144838p:plainと迅雷付けて轢き逃げさせるか縛鎖要員としてなら有用かなぐらい。
裏を返せば極まったエリウッドf:id:AetherKong:20190822230649p:plainf:id:AetherKong:20210822173002p:plainにも決して引けを取らないと思う。少なくとも周りで言われてる以上にはかなり評価高く見てる。

 

そんな感じで間違いなくめちゃくちゃ強い錬成を手にしたとは言えるからその内以前書いた記事をリニューアルする予定。(追記:リニューアルしました。)

aetherkong.hatenablog.com

・サンプル

f:id:AetherKong:20210908035455j:plain

 

ミカヤ(暁の女王)

f:id:AetherKong:20200210013308p:plain

暁の光

重装、騎馬特効 魔防+3

戦闘開始時、敵のHPが75%以上、または
敵が【不利な状態異常】を受けている時、
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+4、
かつ、
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防が
敵が受けている攻撃、速さ、守備、魔防の
弱化の値だけ上昇(能力値ごとに計算)

自分から攻撃した時、または、
周囲2マス以内に味方がいる時、
戦闘中、攻撃、魔防+6,絶対追撃

こちらもざっくりとまとめると

・敵のHP75%以上orデバフか状態異常が敵にかかってると全ステバフ
・弱化増幅
・攻めるか大紋章範囲で攻魔+6&絶対追撃

このキャラに関しては結論から言うと今回の中で一番微妙とまで言える
確かに雑に絶対追撃したり専用Bと噛み合う雑バフは偉い。だがそれだけしかない

 

通常版f:id:AetherKong:20210422201627p:plainのセイニーは絶対追撃と攻魔バフを雑に行えるのも強いが、これに対2距離ダメージカットも出来てそこから見切り追撃、反撃f:id:AetherKong:20190422022136p:plainなどと言ったスキルを自由自在に組み替えれる上で神装の高ステータスを持ち合わせるのを実質被特効なしで出来るのが強さの秘訣。
その強みを持たない、或いは捨ててしまってる総選挙ミカヤf:id:AetherKong:20200211030934p:plainと、あとついでにその強みをBスキルでわざわざ埋めて補ってる事で折角の自由度を台無しにしている伝承ミカヤf:id:AetherKong:20210906183923p:plainf:id:AetherKong:20210422201627p:plainに比べ評価されないのは当然のことである

 

脱線しかけたのでf:id:AetherKong:20200211030934p:plainに話を戻すが、ダメージカットが無理ならせめて飛行特効無効は付けてきてほしかった
このタイプのキャラは絶対追撃で圧殺するのと数値で受けるの二つの両立が強く、折角守備も上がる武器を持っているのにも関わらず飛行特効を受けるという1点だけでかなり価値を失っている。めちゃくちゃ勿体ない。

そしてお約束だがデバフ依存武器なので勿論マルテf:id:AetherKong:20190627233108p:plainには返り討ち不利のアルムが勝ててミカヤが負けるとか意味わかんねえぞ

 

あと更に言うと覇神断竜剣と違って自身の素の魔防を要求されるユンヌの囁きはガチで弱い。なのに変えれる候補が遠影ぐらいしかないという仕打ち。囁くぐらいなら脅嚇で狙った相手を確定デバフ&バフを通した方が間違いなく簡単。

f:id:AetherKong:20200211030934p:plainと言い伝承アイクf:id:AetherKong:20180311205118p:plainと言い暁の主人公最上級は何故ここまで狙ったかのように微妙な錬成に仕上がってるのか問いかけたくなるような非常に残念な錬成。
二人に共通してるが結局何をさせたいのかよくわからない

 

・サンプル

f:id:AetherKong:20210908044916j:plain

 

カミラ(暗夜照らす月光)

f:id:AetherKong:20210906141815p:plain

サングリズル

敵は反撃不可
戦闘中に攻撃していれば、戦闘後に

敵と、その周囲1マスの敵に【グラビティ】を付与

自分から攻撃した時、戦闘中、攻撃、速さ+4

ターン開始時、自身を中心とした縦3列と横3列の
敵の守備、魔防-7(敵の次回行動終了まで)

自分から攻撃した時、戦闘中、攻撃、速さ+6

・反撃不可
・十字三列に守魔デバフ
・攻めれば攻速+10
・グラビティ

書いてる事は普通に強い。安全柵登場でグラビティの価値が上がっているのでその流れに乗れるような感じに仕上がっている。

特に例え杖だとしても雑に攻速+10するのは馬鹿にならない。またデバフビームのお陰で機先との相性が抜群。
常時攻速+19で攻めれるゴリゴリのアタッカー飛行杖路線を強化したコンセプト通りの錬成。

 

が、このキャラにはBが神罰の杖で埋まってるという致命的な欠点を抱えている
つまり遠影を使ったグラビティ撃ち逃げが出来ないという事を意味しておりとても勿体ない。
これが出来ればかなり評価が上がったが出来ないのでクロードf:id:AetherKong:20210624064916p:plainエリーゼf:id:AetherKong:20180311212109p:plainとの競合は避けられない状況。
勿論彼らより優れているポイントは個々ではあるし、特にf:id:AetherKong:20210624064916p:plainとは違ってシールは自由なのでどんなシーズンでも扱えるが、裏を返すと器用貧乏とも取れる

いかに飛行杖特有の強みと、持ち前の火力を引き出せるかが鍵の玄人向け攻城キャラと言う感じ

 

防衛では護り手、杖メタの護符など無視できない要素が多く錬成前から使用率を覆せるほどではないかなと思う。
護り手を抜ける程の火力がないだけならまだしも、護り手が護符を持つのがほぼ当たり前みたいになってるのでやはり壺割りに利用されやすい
逆にそれら以外の相手には高い火力で不意を突いて落とせしにいけるが、汎用性の面では化け物揃いの騎馬杖の席を押しのけるにはキャラパワーが少し足りない。

 

・サンプル

f:id:AetherKong:20210908044908j:plain



 

伝承英雄枠

エフラム(伝承の勇王)/エフラム(碧空の勇王)

f:id:AetherKong:20210906133428p:plainf:id:AetherKong:20210906133440p:plain

炎槍ジークムント

HP+3

攻撃+3

自分から攻撃した時、または、
周囲1マス以内に味方がいない時、
戦闘中、攻撃、守備+4絶対追撃

戦闘開始時、自身のHPが25%以上なら
戦闘中、敵の攻撃、守備-5、かつ
戦闘中、自身の奥義発動カウント変動量+
1
(同系統効果複数時、最大値適用)

・攻めるか孤軍で攻守+4&絶対追撃
・加えてHP25%以上で実質攻守+9、魔防+5
・+キャンセル抜き奥義隊形(受けでも発動)

これに加え伝承エフラムf:id:AetherKong:20180311210722p:plainには「太陽の腕輪・承」が追加されたので合わせると

・再移動
・回復
・キャンセル無効

これでもかと言わんばかりの盛り盛り性能


特にキャンセル抜き奥義隊形&キャンセル無効の効果は絶大。腕輪を投げ捨てて迅雷型が主流になってたf:id:AetherKong:20180311210722p:plainキャンセルで迅雷を止められない、かつ剛剣f:id:AetherKong:20200103041412p:plainを捨てて別のスキルを付けられるというのは革命と言っていい

そしてそこに再移動の存在も加わる。万が一迅雷に失敗したとしても

再移動で離脱
→踊りで迅雷発動or次ターンまで待避

と言う動きも出来れば

撃破
→迅雷
→撃破
→再移動で撤収

と言ったように移動能力を活かして臨機応変、縦横無尽に立ち回る事が可能になった

このコンボはこれまでのキャラでも一応出来たものの、それぞれ歩行であったり、剛剣が発動しにくい攻撃だったり、遅すぎて追撃不可が突破しにくかったりとそれぞれ難点を抱えており意図的に調整されていた節があるが、f:id:AetherKong:20180311210722p:plainはこれらが持つ欠点を完全に克服してやってのけ、元祖絶対追撃迅雷騎馬、最強主人公としての貫禄を見せつけた。

 

腕輪は文句なしだが武器錬成には少し難あり。何故かというと速さバフが全くないのにも関わらず追撃不可無効を持たないため
このため追撃不可を突破しにくいという欠点に関しては残念ながら克服しきれてない。ただその分f:id:AetherKong:20200103041412p:plainのスペースが空いたのでこれでどうにか補いたい。速↑型なら心配は殆ど要らないが、攻↑型でどうしても遅さが気になるなら怒涛・再起への付け替えも考えられる。

結構強力なバフがかかってるものの、デュッセルf:id:AetherKong:20210318060113p:plainなどの最新キャラの数値には及ぶ物ではないので過信は禁物。

 

海外では既に迅雷王と称されておりこれからの復権に期待がかかる1体。

 

通常版f:id:AetherKong:20180411222447p:plainについて全く言及してなかったがこちらはこちらで錬成がちゃんと噛み合っており、受けでも発動する奥義加速効果、見切り追撃での追撃不可突破に迅雷風烈での移動強化でf:id:AetherKong:20180311210722p:plainとはまた違った強みを引き出せる

また神装化が入れば結構良い数値になるのもポイント。
神装化されれば迅雷アタッカーとしてだけでなく、セリスf:id:AetherKong:20180411222135p:plainのような絶対追撃と見切り追撃を持って護り手で守られる運用も視野に入れれる程の数値になるため神装英雄抜擢に期待したい。

 

・サンプル
f:id:AetherKong:20210908044926j:plainf:id:AetherKong:20210908044935j:plain

 

リン(風の公女)

f:id:AetherKong:20210906141613p:plain

疾弓ミュルグレ

飛行特効 魔防+3

周囲3マス以内に味方がいる時、
戦闘中、攻撃、速さ+5、かつ
戦闘中、戦闘相手以外の敵軍スキルを無効化

自分から攻撃した時、または、
戦闘開始時、敵のHPが75%以上の時、
ダメージ+速さの15%、戦闘中、攻撃、速さ+5

・周囲3マス以内に味方が居ればサカの掟と合わせて最大攻速+16
・ブラミモンド効果
・固定ダメージ
近接兵種に反撃不可(サカの掟)

そのあり得ないぐらい弱い性能で最弱の伝承英雄とまで揶揄された伝承リンf:id:AetherKong:20180513071815p:plainが運営の考えられる最大限の加護を得て帰ってきた
目を引くのは速さ参照固定ダメージとブラミモンド効果。攻撃基準値31しかないf:id:AetherKong:20180513071815p:plainでも有効なダメージを与えられる方法と言う事で筆者も予想していたが完全にその通りになった。これに攻+16も組み合わさるので見切り追撃がセットならマルテf:id:AetherKong:20190627233108p:plainはちゃんとぶち抜ける


だがそのf:id:AetherKong:20190627233108p:plainの周りに居るフレンすら許さないブラミモンド効果に関しては完全に想定外
この効果自体元々アイクf:id:AetherKong:20180311204939p:plain&ルキナf:id:AetherKong:20180311204539p:plainの組み合わせが強すぎる故にメタとして出されたある意味忌み子のような存在だったが、これを相当不遇だったf:id:AetherKong:20180513071815p:plainに与えるという判断は個人的には称賛したいと思った。誰が読んだかブラミドリン。ただし護り手無効ではないので要注意。

 

よくシャミアf:id:AetherKong:20210906201452p:plainと比較されて今回の強化込みでも負けてると言われがちだが、むしろここまで不遇だったこのキャラをf:id:AetherKong:20210906201452p:plainレベルまで持ち直したというだけで評価できる
なんならこちらは孤軍条件が要らない、かつ花完凸同士ならf:id:AetherKong:20210906201452p:plainの攻撃性能を上回るというのは不遇時代を思うと感慨深い物がある。他にもHP制限がないというあちらにはないメリットも少なからずある。

 

ただ裏を返せば花完凸ではないとf:id:AetherKong:20210906201452p:plainには追い付けないのでコストの高さに応えれるパフォーマンスは微妙。だが元が元なのでこう言うのに期待するのはご法度か。

強くなったとはいえ、赤は勿論だが魔王リオンf:id:AetherKong:20201230205318p:plainf:id:AetherKong:20180311204939p:plainなど見切り反撃が出来る受けまで見るには相変わらず厳しい物があるため有利色への殺意が強くなったぐらいの強さと言った所か。少なくとも青の遠間、緑の遠間で受けるには危険度高め

ここまで頑張ってまだ強キャラと言い難いのもそれはそれで歯痒いが、ただ今はここまで持ち直させた調整班を称えたい少なくともちゃんと役割を持って使えるぐらいの性能にはなった
まあ肝心の闘技場ではA死闘のせいで掟死んでるからやっぱダメダメだけどね

 

・サンプル

f:id:AetherKong:20210908044944j:plain

 

聖杯枠

カンナ男

f:id:AetherKong:20210906141651p:plain

暗夜の竜石

HP+3

射程2の敵に、敵の守備か魔防の低い方でダメージ計算

敵から攻撃された時、または
戦闘開始時、敵のHPが75%以上の時、
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+4

周囲3マス以内に味方がいる時、
戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+4、かつ、
戦闘後、HP7回復

・受ければ最大全ステ+8
・護符

平たいステータスを大きく+8するという聖杯枠でも珍しいステ盛り型の調整が入った
護符効果も大きく、W護符で火力奥義に変えながら回復して戦うもよし、渾身遠反に変えてデメリットを消したりなど用途は様々。
エリウッドf:id:AetherKong:20190822230649p:plainやアルムf:id:AetherKong:20210906170830p:plainが錬成されたとはいえ環境に竜特効が少なく、スラシルf:id:AetherKong:20210422053926p:plainも減少傾向で中々扱いやすい竜ユニットになったと思う

 

特に火力奥義に変えられる所は火力不足が指摘されてたカンナにとっては大きい強化。それでいてちゃんと他も満遍なく上がったのは素晴らしい。1年前の5限錬成よりも確実に良い物貰ってる。

ただ元のステータスがやや低めな平たいステータスで良成長補正もないため重装や聖鏡フィヨルムf:id:AetherKong:20180311210439p:plainのような耐えっぷりまでは難しい。不利属性の攻撃を食らったら普通に痛いぐらい程度の耐久値。
しかし環境に赤遠隔が多く見切りも持てるので数値以上に属性に助けられる活躍に期待出来るこの安さでこのスペックなら十分過ぎる

 

・サンプル
f:id:AetherKong:20210908044953j:plain

 

まとめ

・ちょっと地味だった第三回総選挙組の錬成
・出過ぎて霞んでしまった元祖絶対追撃
・最弱の名を頂いた女の逆襲
・親が強すぎて地味だった竜の子
と言うラインナップだったが、ミカヤf:id:AetherKong:20200211030934p:plain以外はいい塩梅の調整になっていたと思った。
繰り返すが特にあのアルムf:id:AetherKong:20210906170830p:plainやリンf:id:AetherKong:20180513071815p:plainをあそこまで持ち直すのは普通にすごい。エリウッドf:id:AetherKong:20190822230649p:plainもライバルがでかいとはいえステの暴力でやれる性能はあるし、エフラムf:id:AetherKong:20180311210722p:plainも最強の轢き逃げマシンに返り咲けて良かった...と言うだけに強い要素を奪って短所放置のf:id:AetherKong:20200211030934p:plainの調整は悔やまれるばかり

 

個人的にランク付けるなら左上から高い順に

錬成の優先度
S
(絶対後悔しない)
f:id:AetherKong:20180311210722p:plainf:id:AetherKong:20210906170830p:plain
A(やっておくと便利)
f:id:AetherKong:20190822230649p:plainf:id:AetherKong:20200107075231p:plain
B
(何も考えずに錬成すると後悔する)
f:id:AetherKong:20180513071815p:plainf:id:AetherKong:20210908050532p:plainf:id:AetherKong:20180411222447p:plainf:id:AetherKong:20200211030934p:plain

強さ
S(広範囲で出しやすいエース)
f:id:AetherKong:20180311210722p:plainf:id:AetherKong:20210906170830p:plainf:id:AetherKong:20190822230649p:plain
A(明確な役割がありマップ、敵の配置次第で無双する)
f:id:AetherKong:20200107075231p:plainf:id:AetherKong:20180411222447p:plainf:id:AetherKong:20180513071815p:plainf:id:AetherKong:20210908050532p:plain
B
(かなり吟味する必要あり)
f:id:AetherKong:20200211030934p:plain

って印象。
上位4人は優先度がそのまま強さに直結してる感じ。中でもf:id:AetherKong:20180311210722p:plainシールと言うデメリットに釣り合うぐらいガチで最強
f:id:AetherKong:20210906170830p:plainも騎馬の強キャラと名高かった怒涛イングリットf:id:AetherKong:20210318060141p:plainの赤版のような物、f:id:AetherKong:20190822230649p:plainはハガを確実に倒せて大抵の反撃で生き残る高ステ槍騎馬、そしてどちらも縛鎖で活躍可能
f:id:AetherKong:20200107075231p:plainも場所によっては刺さるグラビティを用いて上位3人に匹敵する活躍も十分可能。

 

f:id:AetherKong:20200211030934p:plainはスペックその物で見れば飛行特効を受けるという点以外はむしろ高い方なのだが、色が良くない割には...って言う環境的要因が痛い。
f:id:AetherKong:20210908050532p:plainですら相性さえ良ければ雑に強く出せるとまで言える今回の錬成の中でハマれば強いを前面に推してる感があって割に合わない。スリーズがいかにちゃんと強化されたかもよくわかってしまった。

ただ環境に合ってないだけで強いか弱いか微妙かと言われたら強いに該当する部類
少なくとも殴ったら雑に絶対追撃してくれるのが弱いって事は絶対にありえない

 

あと全体的にステ盛り錬成がかなり目立ったので次回以降の錬成の傾向がちょっと怖い。
今後は新キャラは恵まれた配分、武器と花要らずの総合値で勝負して錬成は武器で補えないのをステでどうにかするみたいな雰囲気はちょっと感じる。
別にそれは構わないが効果自体を追加して欲しいキャラにはステ盛りだと割に合わないから見極めて選定して欲しい。

 


今後続けるかは不明。やる気があれば多分やるけどこれよりは文章量少なくなると思う。

 

この記事に対して質問、意見等があればTwitterID:@Radiant_Doctorまでどうぞ。